Copper friends メディカルパートナーズ

HOME > ベルギー 介護施設に抗菌銅

ベルギー 介護施設に抗菌銅

抗菌銅を用いた感染症制御

主要なベルギー介護施設は入居者に対し、人が触れる表面上に抗菌銅を備え付けることで、改良
された施設内感染予防を提供している。

ブリュージュに位置する WZC Van Zuylen 老人ホームは、お年寄りに様々な施設を提供している。
最近の改築では衛生状態を改善するため抗菌銅のドア付属品が導入され、既存する感染予防規定
を強化し、このように頻繁に人が触れる表面を通し感染が拡大するリスクを減らすこととなった。

銅とは本質的には抗菌性であり、真ちゅうや青銅を含む多くの銅合金にも抗菌性という利点が存
在する。集合的に呼ばれる「抗菌銅」という金属の種類は、感染の病原菌に有益な環境でない 蛇
口や電気のスイッチ、手すりや調理台といった、人が触れる表面を作るのに使用されており、24
時間常に そして定期的な掃除の間に活発に殺菌している。

医療関連感染(MRSA や C. difficile など)の鍵となる病原菌に対し銅は有効であると証明され
ており、銅はまたノロウィルスに極めて有効で、介護施設の第一選択肢となっている。

WZC Van Zuylen を運営する会社 OCMW Brugge の上級技術顧問である Ann Vandycke は、指
導的立場にある建築家として改装プロジェクトに携わり、抗菌銅導入という決定に貢献した。

「我々は最近のプロジェクトに青銅という形で抗菌銅を選択し、WZC Van Zuylen と共に始めて
います。」と Ann は説明する。「多種多様な建物が備わった機関として、お年寄りの方々に様々な
施設を提供し、我々が設計した環境の快適さ、そして質の向上に向け新しい策を常に探していま
す。

「頻繁に人が触れる表面は、病原微生物まん延の保菌者と成り得ると研究は示しています。これ
は医療機関特有の問題です。ドアの取っ手などの表面で長い間細菌は生き延びるため、病原生物
の感染を減らすことのできる材料、抗菌銅を用いた製品は嬉しい驚きでした。

「こうした結果に至るための費用は、職員だけでなく入居者にとっての利点を考慮すると、総投
資で言えば取るに足らないものです。

「私にとって美学とはまた別の考慮すべき重要なことです。建築家として、私は慎重にこのドア
付属品の使用について考え、青銅は選びやすいものでした。もう今はプロジェクトの第一段階を
終え、我々が正しい選択をしたと一目瞭然な状況にあります。」

銅と言えば馴染みのある赤から真ちゅうの金、青銅の茶からステンレス鋼に似た銀の色調に至る
まで、様々な色が選べる表面用の抗菌銅は、患者、職員そして訪問者を感染症のまん延から守る、
今年の冬に介護施設にとって費用効率の高い追加措置である。

ダウンロード
20131217ベルギーケアホーム.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [83.0 KB]
ダウンロード