Copper friends メディカルパートナーズ

HOME > 抗菌銅が示す患者の安全について(ICAサイト引用)

抗菌銅が示す患者の安全について(ICAサイト引用)

抗菌銅が示す患者の安全について

NHSの監視人は健康管理に関連する感染の拡大をもっと防がなければならないとし、2つの北米団体は、感染の予防とコントロールにおける銅の役割をサポートするエビデンスが成長したこと認識し、2014年の重要な発展の兆しを表すトップテンテクノロジーリストの調査において、抗菌銅を含めました。

患者ケアへのアプローチに対するリサーチにおいて世界的リーダーであるECRI協会は、ヘルスケアシステムの上級決定者をターゲットとした、2014年度の病院業務執行責任者の格付け見直しのトップテンにおいて、年間を通じた資産計画への努力を改善することができる開発途上のテクノロジー概要を提供する条件で、抗菌銅を含めました。

同様に、カナダの健康における環境調査ネットワーク、それはヘルスケアの発展の兆候調査におけるリーダですが、銅を2014年の最新かつ開発途上中のヘルステクノロジーのトップテンに挙げました。

臨床試験は、ヘルスケア環境における高頻度接触表面を、例えばその金属の殺菌能力の効果をもつ銅や銅合金のような抗菌銅と交換すると、細菌汚染を減らし、院内感染の事故を減らすことを示しました。

ECRIは次のように語ります。
「抗菌銅接触表面は広範囲の構成要素になりうる。銅の抗菌能力は商品の償却期間中にわたって効果をのこし、剥げ落ちたり洗浄による消耗するようなコーティングや表面浸透をする必要はありません。」

世界中の5000以上ものヘルスケア団体は患者の安全改革において、ECRI協会の専門的知識に依存しています。そして1987年、世界保健機構はECRI協会を、その分野における貢献と能力を認め、テクノロジーアセスメントのためのコラボレーションセンターとしての地位を授与しました。

CNESHのトップ10は次のように述べます。
「抗菌銅・銅合金(真鍮やブロンズ)からできた接触表面は、感染の予防や防止を改善する約束された選択肢であると判明し、それゆえ患者へ、より安全なケア環境を提供します。」

ベッド柵やハンド柵、ドアハンドル、IVポールの作業表面、洗面所のような表面範囲に組み込まれているときは、銅の自然の抗菌能力がバクテリアの汚染や伝染、感染率を低下させるでしょう。

英国立医療技術評価機構は、HCAI評価は容認できない程に高いとしたとき、抗菌銅の感染予防への貢献が認知されたのとあわせ、英国のNHS病院の医療関連感染の予防を目的とした国家的なエビデンスベースのガイドラインである英国のepic3は、保健医療省から委任された最近のリサーチをうけて、銅も含めました。銅から作られた接触頻度の高い表面の80%から90%もの細菌負荷にたいして有意義な低下が見られたとする研究報告は、開発途上中のテクノロジーと表現されています。

サプライチェーンは、抗菌銅の製品に対する高まる需要を、耐久性が高く、コスト面で効果的であり、効き目の高い商品をもってサポートしています。これらに対するより詳しい情報やそれらの使用に対する科学的な裏付けは、www.antimicrobialcopper.org.で入手可能です。


<英文原文>
Antimicrobial Copper Indicated for Patient Safety
As an NHS watchdog advises more must be done to prevent the spread of healthcare-associated infections, two North American organizations have included antimicrobial copper on their horizon-scanning Top Ten Technologies watch lists for 2014, recognizing the ever-growing body of evidence supporting copper’s role in infection prevention and control.

17th April 2014

ECRI Institute – a world leader in researching the best approaches to patient care – included antimicrobial copper in their ‘Top 10 Hospital C-Suite Watch List 2014’, targeting senior decision-makers within healthcare systems, providing them with summaries of emerging technologies that can help improve capital planning efforts throughout the year.

Similarly, the Canadian Network for Environmental Scanning in Health (CNESH) – leaders in healthcare horizon scanning – features copper in their ‘Top 10 New & Emerging Health Technology Watch List:2014’.

Clinical trials have shown that replacing frequently –touched surfaces in the healthcare environment with antimicrobial copper- i.e. copper and copper alloys that benefit from metal’s inherent antimicrobial properties- helps to reduce microbial contamination and can reduce incidences of healthcare-associated infections.

The ECRI report notes: ‘Antimicrobial Copper touch surfaces can be incorporated into a wide variety of componets… Copper’s antimicrobial properties remain in effect for the product’s lifetime and do not rely on coatings or impregnated surfaces that can wear off or wash away.’

More 5,000 healthcare organizations worldwide rely on ECRI Institute’s expertise in patient safety improvement, and in 1987 the World Health Organization granted ECRI Institute the statues of Collaborating Centre for Technology Assessment in recognition of its contribution and capabilities.

CNESH’s Top 10 states: ‘Touch surfaces made of antimicrobial copper and copper alloy (brasses and bronzes) appear to be a promising alternative that may improve the prevention and control of infection and, therefore, offer safer health care environments for patients.

‘When incorporated on surface areas such as bedrails, handrails, door handles, work surfaces intravenous(IV)poles, and washroom components, the natural antimicrobial properties of copper would reduce bacterial contamination, transmission, and rates of infections.’

Coinciding with this recognition of antimicrobial copper’s contribution to infection prevention – at a time when the National Institute of Health and Care Excellence notes HCAI rate are still unacceptable high – the UK’s epic3: National Evidence-Based Guidelines for Preventing Healthcare-Associated Infections in NHS Hospitals in England’ also includes copper, following a recent review of published research commissioned by the Department of Health. Studies reporting significant reductions in microbial burden of between 80% and 90% on high-touch surfaces made from copper alloys are described under ‘Emerging Technologies.’

The supply chain is supporting the rising demand for antimicrobial copper products with an ever-growing range of durable, cost-effective and efficacious products. More information on these, and the science backing their use, is available on www.antimicrobialcopper.org.

引用:Antimicrobial Copper UK and Irelandウェブサイト、Newsより2014年4月17日記事より