Copper friends メディカルパートナーズ

HOME > 銅のマウスが入手可能で、とても清潔だチュー!(ICAサイト引用)

銅のマウスが入手可能で、とても清潔だチュー!(ICAサイト引用)

銅のマウスが入手可能で、とても清潔だチュー!

コンピューターの入力装置はバイ菌の巣窟だと知られていますが、米国のコンピュータオペレーターのインターフェーステクノロジーは、抗菌銅のキーボードと新発売したマウスが解決策であるという見解を持っています。

2014年6月16日

Infection Control Todayというレポートの最新報告は、生命のない物体は、後に他者に移ると思われる手が付着させたバイ菌が、潜在的に感染をもたらすという理由で、感染の貯蔵庫となりえると説明します。健康管理環境において最も広範囲で使用されて共用される表面は、マウスとキーボードであり、報告書は感染の拡大にそれらが関与しているという研究を挙げています。

銅には抗菌作用が備わっており、接触するとすぐにバクテリアやウィルスを殺菌します。それは真鍮やブロンズを含めた多くの合金とその能力を共有しており、このような同類の物質は「抗菌銅」として知られます。
病院では、すでに蛇口やドアハンドル、電燈スイッチのような高頻度に触れる表面を抗菌銅製品に置き換え始めており、そのほかの、空港や学校、子供向け施設を含めた感染の拡大が心配される場所においては、徐々に抗菌銅接触表面への動きを見せています。現在、オフィスが追随へと取り掛かっているとみられます。

抗菌銅表面の臨床試験においては、3件の米国内の病院で集中治療室の部屋に、コンピューターのインプット装置を含めた、たった6台のキータッチ表面を抗菌銅製品と置き換えました。結果は、院内感染にかかる患者のリスクを58%低下させました。

OITは、トラックボールの内蔵された抗菌銅キーボードを一定期間提供しています。そしてそれらはフィンランドのJorvi病院を含めた施設で導入されました。そして今、添付のUSBマウスを発売しました。
より詳しい情報は、www.copperkeyboard.com.をご覧ください。


<英文原文>
Squeaky Clean: Copper Mice Available

Computer input devices are well known germ traps, but US company Operator Interface Technology has the answer: antimicrobial copper keyboards and their newly-launched, matching mice.

16th June 2014

As a recent special report from Infection Control Today notes, inanimate objects can serve as reservoirs of infection, with one hand depositing germ that can then be picked up by another, potentially resulting in an infection Some of the most widely-used and shared surfaces in the healthcare environment are mice and keyboards, and the report cites several studies implicating them in the spread of infection.

Copper is inherently antimicrobial, meaning it will rapidly kill bacteria and virus on contact. It shares this property with many alloys – including brass and bronze – and this family of materials is known as ‘antimicrobial copper’. Hospitals have already begun replacing frequently-touched surfaces such as taps, door handles and light switches with antimicrobial copper equivalents, and other areas where the spread of infection is a concern – including airports, schools and childcare facilities – are increasingly seeing a move towards antimicrobial copper touch surfaces. Now, offices look set to follow.

In a clinical trial of antimicrobial copper surfaces, three US hospitals replaced just six key touch surfaces in intensive care unit rooms – including computer input devices – with antimicrobial copper equivalents. The result was a 58% drop in a patient’s risk of acquiring a healthcare-associated infection,

OIT have offered antimicrobial copper keyboards with built-in trackballs for some time (and these have been installed in facilities including Finland’s Jorvi Hospital) and now they have launched accompanying USB mice.
For more information, visit www.copperkeyboard.com.

引用:Antimicrobial Copper UK and Irelandウェブサイト、Newsより2014年6月16日記事より