Copper friends メディカルパートナーズ

HOME > 銅イオンリバーシブルマットレスの実力

銅イオンリバーシブルマットレスの実力

病院内では病原体が付着した手で機器類に触れることにより、接触面が感染源となります。
院内感染を防ぐには、手洗いの徹底や機器類の消毒管理はもちろん、人の手が頻繁に触れる箇所の表面を抗菌性の高い抗菌銅を含む製品に替えることで、大きな効果が表れます。

では、抗菌銅に、どれだけの殺菌効果があるのでしょうか?

殺菌性能試験の方法

テスト方法


そのデータを顕著に示すテスト結果が北里大学で出されました。(左図参照)

このテストは、ポリエチレンフィルムと茶褐色のマットレス素材、そして、オレンジ色マットレス素材(抗菌銅をコーティングしたもの)に黄色ブドウ球菌を付着させ、0分後から180分後まで、30分ごとに生菌数がどれくらい残っているかをテストしたもの。


下のグラフと表をご覧いただくと分かるように、0分後では、どれも254,667もの細菌数です。
しかし、時間を追うごとに著しい現象を示したのは、オレンジ色マットレス素材だけ。抗菌銅をコーティングしたオレンジ色マットレス素材だけが、大きく生菌数を減少させ、180分後には2,667にまで減少しております。
なんと100分の1近くまで減少します。

※グラフの赤い線が、殺菌銅をコーティングしたデータ。


test2

これなら患者様やご家族の方も、安心して療養を続けることができますね。

詳しくは、カッパ―フレンズまでお気軽にお問い合わせください。