Copper friends メディカルパートナーズ

HOME > 韓国・延世大学セバランス病院 小児がんセンターで殺菌銅を導入(ICAサイト引用)

韓国・延世大学セバランス病院 小児がんセンターで殺菌銅を導入(ICAサイト引用)

韓国における現代医療科学の基礎である延世大学ヘルスシステム付属のセバランス病院は、小児がんセンターにおいて、脆弱な患者を感染拡大から守るために、抗菌銅の接触表面を導入しました。

延世大学の学長は、4月に行われた落成式にて、抗菌銅は今後、中心的な役割として重要な貢献をするであろうと述べました。
ベッド柵やシンクは、触れることで素早く継続的にバクテリアやウィルスを殺菌するために、銅に備わった能力を生かした銅合金からできています。純銅と合わせた合金は、まとめて抗菌銅と呼ばれています。

米国の多施設における殺菌銅表面の臨床試験結果によると、ICUにおいて、ベッド柵が最も汚染されていると判明しました。さらに、6か所のベッド柵を含む患者周辺の高頻度接触表面を抗菌銅と同等のものと交換すると、健康管理中の患者を関連感染のリスクを50%以上減少させると判明しました。

小児腫瘍学部門の学部長であるチューヒ・ホー・リュー医師は、免疫系の弱い小児科患者にとって、感染予防は特に重要であると説明しています。
「抗菌銅に備わる特性ゆえに、抗菌銅のベッド柵やシンクを導入しました。これは高頻度に接触する表面だからです。こうすることによって、病院において、患者へのケアに対して交叉感染を防ぎ、最終的には、理想的な環境を創造することを期待できます。

延世セバランス癌センターは1969年に設立され、韓国で最初の専門的な癌治療設備を備えていることで知られています。今では15階建てにあり、そのセンターは殺菌銅で患者を守る韓国で最初の癌センターです。ゆえに、殺菌銅面によってもたらされたプラス面を語る銘板を掲げるでしょう。



<英文原文>
Severance Hospital – part of the Yonsei University Health System: the foundation of modern medical science in Korea – has installed antimicrobial copper touch surfaces in its new children’s cancer centre to help protect vulnerable patients from the spread of infection.
At the dedication ceremony, held in April, Yonsei University’s President noted: ‘Antimicrobial copper will make an important contribution to the new centre.’

Bet rails and sinks have been made from a solid copper alloy benefitting from copper’s inherent ability to rapidly and continuously kill bacteria and viruses on contact. Such alloys, together with pure copper, are collectively described as ‘antimicrobial copper.’
Results from a multi-centre US clinical trial of antimicrobial copper surfaces identified bed rails as the most contaminated surface in an ICU room.
They further revealed that replacing just six frequently–touched surfaces around a patient – including bed rails – with antimicrobial copper equivalents reduced a patient’s risks of acquiring a healthcare – associated infection by greater than 50%.
‘For pediatric patients with weak immune systems, infection prevention is an especially important issue,’ notes Dr.Chuhl Hoo Lyu, Chairman of the hospital’s Pediatric Oncology Department.
‘Because of copper’s inherent antimicrobial properties, we decided to install antimicrobial copper bed rails and sinks, which are very frequently-touched surfaces. By doing this, we expect to prevent cross-infection in the hospital and ultimately create an optimal environment for patient care.’


Yonsei Severance Cancer Center is remarkable for being Korea’s first dedicated cancer facility, founded in 1969. Now housed in a new, 15-storey building, the Center is also the first cancer centre in Korea to protect patients with antimicrobial copper. Accordingly, it will display a plaque to explain the benefits offered by its antimicrobial copper surfaces.

引用:Antimicrobial Copper UK and Irelandウェブサイト、Newsより2014年5月7日記事より